それにはたぶん、いくつかの理由がある。第一に、初期のモバイルのマジシャンたち…Facebook、Instagram、Snapchat、Spotify、WhatsAppなどなど…が消費者の毎日の相当多くの時間を占めている。第二の理由としては、アプリの開発費用が低下しているので、特定の機能に特化したアプリ(==ユーザ数少)も比較的安く作れる。そのためアプリのロングテールがますます長くなり、実にさまざまな消費者ニーズに対応するようになった。そして一つのプラットホームでユーザを喜ばせたアプリも、その好調な体験をクロスプラットホーム化できない。たとえばデスクトップの人気アプリはモバイルの携帯やタブレットではぱっとしないし、その逆も真。

7. Webに先駆け、Emailがモバイルファーストになる 多くのユーザーが既に最初にEmailメッセージを開く際にモバイルデバイスを利用しているl。PCは既に二度目以降のメール確認用に使われる事が多い。その一方で、メルマガやランディングページ等、Emailを利用したマーケティングコンテンツはまだまだモバイルに最適化されていないのが実情である。

AdAgeによれば、この新たな手法はモバイルブブラウザからウェブにアクセスする際にcookieのようなファイルをウェブ側に残し、アプリ側からアクセスしたユーザーをこのファイルに接続させることで、ユーザーを認識するものになるという。